京都府医師国民健康保険組合 kyoto prefecture medical association
| プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ |
トップページ 医師国保のQ&A 保険事業について 健康づくり 更新履歴 リンク集 申請書ダウンロード
トップページ > 医師国保のQ&A > 75歳以上組合員に関する各種届出Q&A
   
病気やケガ等により仕事を休んだ(傷病見舞金)


 当組合に加入している75歳以上の組合員(第二種組合員)が疾病・負傷等により診療業務に従事できなくなり、下記の要件を満たした場合、申請により一種または二種傷病見舞金が支給されます。
 該当条件を満たしておられる方は組合に申請書をご請求ください。
 申請は1ヶ月1枚の申請書をご使用(受診医療機関をかわられたときは、一医療機関毎に1枚の申請書が必要です。)いただき、該当月の翌月15日まで(例:1月分ならば2月15日までに)にご申請ください。
 提出期限から3ヶ月を経過しますと、受給権がなくなりますのでご注意ください。

 1.一種傷病見舞金 2.二種傷病見舞金
対象者
75歳以上の組合員
(第二種組合員)
開設者かつ管理者
(法人:理事長
かつ管理者)
開設者かつ管理者
(法人:理事長
かつ管理者)
勤務医
(管理のみ含む)
受給要件
当組合に資格取得届出後、180日を経過していること
疾病または負傷により診療業務に従事することができないこと
医療法に基づく休止届を提出していること
当組合に資格取得届出後、180日を経過していること
疾病または負傷により診療業務に従事することができないこと
代診医師が診療をおこなっていること
当組合に資格取得届出後、180日を経過していること
疾病または負傷により診療業務に従事することができないこと
  
受給金額
(日 額)
入院療養 12,000円
入院外療養 7,200円
入院療養6,000円
入院外療養 3,000円
受給期間 7日間の待機期間の後、8日目より一種・二種傷病手当金、また、一種・二種傷病見舞金を通算して300日を限度とします。

必要な書類
傷病見舞金支給申請書



一覧ページへ戻る


| ▲ページの先頭へ戻る |