京都府医師国民健康保険組合 kyoto prefecture medical association
| プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ |
トップページ 医師国保のQ&A 保険事業について 健康づくり 更新履歴 リンク集 申請書ダウンロード
トップページ > 医師国保のQ&A > 75歳以上組合員に関する各種届出Q&A
   
後期高齢者医療制度と医師国保組合との関係(Q&A)

Q1 後期高齢者医療制度に加入するのは、どのような人ですか?
A1  75歳以上のすべての方、また65〜74歳で一定以上の障害を持っておられる方も対象となります。
Q2 後期高齢者医療制度に加入するのは、いつからですか?
A2  75歳の誕生日の日から加入することとなります。(65〜74歳で一定以上の障害を持っておられる方を除く。)
Q3 被保険者証や保険料は、どうなりますか?
A3  被保険者証については、広域連合(窓口は市町村)から交付されますので、医師国保の被保険者証はご返却いただくこととなります。また、保険料についても、医師国保ではなく、広域連合にお納めいただくこととなります。
Q4 後期高齢者医療制度に加入すると、医師国保の組合員ではなくなるのですか?
A4  被保険者としての資格はなくなりますが、組合員は希望により「保険給付(医療)を受けない組合員」(京都府医師国保においては第二種組合員という)として残ることができます。
Q5 「第二種組合員」とは、どのようなものですか?
A5  医師国保から「保険給付(医療)を受けることができない組合員」のことです。 医師国保から被保険者証は交付されませんが、「第二種組合員」を対象とした保健事業(「傷病見舞金」「死亡見舞金」)等をお受けいただくことができます。
 また、組合会議員や支部長として組合運営に携わることができます。
 第二種組合員としてご加入いただくことにより、75歳未満の家族、75歳未満の准組合員は医師国保にお残りいただくことができます。
Q6 「第二種組合員」になると費用負担は生じますか?
A6  広域連合へ納付する後期高齢者医療保険料とは別に、医師国保に第二種組合員保険料として、月額5,000円を納付いただくこととなります。
Q7 組合員以外の被保険者(家族及び准組合員)が75歳になる場合はどうなりますか?
A7  家族及び准組合員については、第二種組合員のような制度はありません。75歳以上の家族、75歳以上の准組合員は、後期高齢者医療制度に加入することとなり、医師国保には残ることはできません。
 75歳の誕生日の前に当組合から「資格喪失届」を送付させていただきますので、被保険者証と前期高齢者証を添えてご提出ください。
Q8 組合員である私は、75歳から後期高齢者医療制度に加入することになるが、第二種組合員として医師国保に残らなかった場合、75歳未満の家族75歳未満の准組合員はどうなりますか?
A8  組合員である先生が、医師国保を喪失することにより、75歳未満の家族、75歳未満の准組合員も同時に医師国保の資格を喪失することとなり、「市町村国保」または「協会けんぽ」への加入が必要となります。
 法人事業所や常時5人以上の従業員がいる事業所は、「協会けんぽ」に加入することが法律で義務付けられています。

※75歳未満の家族や准組合員の資格を継続するにはQ9をご覧ください。

Q9 75歳未満の家族や75歳未満の准組合員を、医師国保に残すには、どのような手続きが必要ですか?
A9  組合員の先生が第二種組合員としてお残りいただく必要がありますので、当組合からお送りします「第二種組合員への加入意思の確認にかかる提出書類」(第二種組合員資格取得申請書)をご提出ください。(第二種組合員の詳細はQ5をご覧ください。
Q10 組合から送付されてきた「第二種組合員の加入意思の確認にかかる書類」とは、何ですか?
A10 75歳になられる組合員に対して、当組合の「第二種組合員」として医師国保へ加入を希望するか、希望しないかを確認させていただくものです。
 組合員資格に係わる非常に重要な書類ですので、提出期限までに必ずご提出いただきますようお願いいたします。
Q11 組合員である私は、75歳になるので、後期高齢者医療制度に加入することになるが、医師国保の被保険者証と前期高齢受給者証は、どうすればいいのですか?
A11 75歳の誕生日の日の前日まではご使用いただけます。被保険者証と前期高齢受給者証につきましては有効期限到達後14日以内に医師国保へご返却ください。

一覧ページへ戻る

| ▲ページの先頭へ戻る |