京都府医師国民健康保険組合 kyoto prefecture medical association
| プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ |
トップページ 医師国保のQ&A 保険事業について 健康づくり 更新履歴 リンク集 申請書ダウンロード
トップページ > 医師国保のQ&A > 個人に関する各種出Q&A
   
医師国保を喪失する(やめる)・勤務先を退職する

 届出はすべて、組合員(事業主)となります。(組合員死亡喪失の場合を除く。)
  届出に際しては、資格喪失届被保険者証および資格喪失日を確認できる書類(次に加入された被保険者証のコピー・厚生年金保険資格喪失確認通知書・雇用保険喪失確認通知書など)を添え資格喪失日から14日以内に届け出てください。
  なお、組合員(事業主)が喪失された場合、その組合員の家族・准組合員およびその家族はすべて喪失していただくことになります。
  また、次に市町村国保へ加入される場合は、当組合が交付する「資格喪失証明書」が必要です。
  「資格喪失届」の資格喪失証明書欄の要に○印を付けてください。折り返し、ご希望の送付先に「資格喪失証明書」をお送りさせていただきます。

 ご注意!
資格喪失日からは医師国保の被保険者証を使って受診することはできません。
次に加入する保険にも14日以内に資格取得届を提出しないと、給付を受けることができない場合があります。
医師国保は国民健康保険法に基づき運営されておりますので、任意継続制度はありません。

< 喪失例 >
組合員

1

地区医師会を退会したとき
2他の健康保険の被保険者となったとき
3医療機関廃止後、京都府下で医療・福祉の事業又は業務に従事しないとき
4年齢が75歳に到達したとき
5死亡したとき

組合員
(勤務医)
1 勤務先の医療機関を退職したとき
2 地区医師会を退会したとき
3 勤務時間が短くなり常勤医師でなくなったとき
4年齢が75歳に到達したとき
5 死亡したとき

准組合員 1 勤務先の医療機関を退職したとき
2 勤務時間が短くなり常勤職員でなくなったとき
3 他の健康保険の被保険者となったとき
4年齢が75歳に到達したとき
5 死亡したとき
勤務先の組合員(事業主)へ被保険者証をご返却ください。手続きは組合員が行います。

家族 1 (准)組合員の世帯から転出したとき
2 他の健康保険の被保険者となったとき
3年齢が75歳に到達したとき
4 死亡したとき

必要な書類
資格喪失届
被保険者証
資格喪失日が確認できる書類
(例:次に加入した被保険者証のコピー・雇用保険、厚生年金保険被保険者資格喪失確認通知書のコピーなど、死亡の場合は死亡診断書のコピー)
前期高齢受給者証
(該当者のみ)


一覧ページへ戻る

| ▲ページの先頭へ戻る |