京都府医師国民健康保険組合 kyoto prefecture medical association
| プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ |
トップページ 医師国保のQ&A 保険事業について 健康づくり 更新履歴 リンク集 申請書ダウンロード
トップページ > 医師国保のQ&A > 個人に関する各種出Q&A
   
出産した(する予定がある)

 出産(妊娠12週以上の流産・死産を含む)をしたときは、組合から出産育児一時金として、出産一児に対して42万円(産科医療補償制度に加入していない分娩機関で出産した場合は404,000円)が支給されます。
  平成21年10月1日以降の出産については、被保険者の窓口負担軽減の観点から、原則として組合から分娩機関へ出産育児一時金を直接支払いすることになりました。
  これにより、被保険者の分娩機関窓口での支払いが、42万円を超えた金額だけですみます。
  出産費用が42万円を超えない場合にはその差額分について後日、被保険者から組合にご請求いただくことになります。
  出産育児一時金を受けるには、出産した日に医師国保の被保険者資格を有していることが必要です。
  医師国保を資格喪失して、協会けんぽ等の被扶養者や、市町村国保の被保険者になられても次に加入された健康保険から同様の給付が受けられます。


組合員の方は傷病手当金ページへ

准組合員の方は療養手当金ページへ

また、出生児が医師国保へ加入される場合は、資格取得届をご提出いただく必要があります。

出生児が加入する方は家族が加入する


一覧ページへ戻る

| ▲ページの先頭へ戻る |