京都府医師国民健康保険組合 kyoto prefecture medical association
| プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ |
トップページ 医師国保のQ&A 保険事業について 健康づくり 更新履歴 リンク集 申請書ダウンロード
トップページ > 医師国保のQ&A > 個人に関する各種出Q&A
   
海外旅行するとき

 海外渡航中の病気やケガにより、緊急やむをえず海外の医療機関で治療を受けた場合、海外療養費を受けることができます。
 ただし、事前に組合に申請書を請求し、海外へ持参することが必要です。


必要な書類
国民健康保険海外療養費支給申請書
診療内容明細書(担当医師名・傷病名・治療、投薬内容が詳しくかかれたもの)
領収明細書
パスポートの写し


注:
  1. 下記の理由により実際に支払われた金額と差が生じることがあります。
    1. 国内の診療報酬に応じて支給決定されるため。
    2. 支給決定日の為替レートで換算して支給するため
  2. 診療内容明細書と領収明細書が外国語にて記載されている場合、日本語に翻訳し翻訳者の住所・氏名を記載する必要があります。

一覧ページへ戻る

| ▲ページの先頭へ戻る |