京都府医師国民健康保険組合 kyoto prefecture medical association
| プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ |
トップページ 医師国保のQ&A 保険事業について 健康づくり 更新履歴 リンク集 申請書ダウンロード
トップページ > 医師国保のQ&A > 個人に関する各種出Q&A
   
70歳になった

 被保険者が70歳になったときは、前期高齢者として一般被保険者と区分され、(誕生日の前日の属する翌月から適用となります)所得により一部負担割合が異なります。
 所得判定にあたっては、同一被保険者証に記載されている70歳以上被保険者全員の市・府民税課税証明書または住民税納税通知書コピー等を添付し組合へ申請することが必要です。
 該当される方には、組合から事前に申請書と説明書を送付します。
 所得判定後、組合から「高齢受給者証」を交付しますので受診される際は、「被保険者証」と「高齢受給者証」を窓口で提示してください。
 なお、所得申請は75歳に到達される迄の毎年7月中に行っていただき、8月に「高齢受給者証」が更新されることになります。

必要な書類
国民健康保険基準収入額適用申請書
70歳以上被保険者全員の市府民税課税証明書または住民税納税通知書コピー等


一覧ページへ戻る

| ▲ページの先頭へ戻る |